山梨県の、甲斐善光寺周辺は、おいしいブドウがとれることで知られ、
 県内外から、当地にブドウをお求めにくる根強いファンも多いです。

 甲府市の、甲斐善光寺参道にある早川園は、当地で最大の
 ブドウ狩り専門園で、世界中から、珍しくて美味しいブドウを
 約40種類ほど集め栽培しています。

 色大きさも異なる宝石のような世界のブドウは、ブドウ狩りの
 「世界のブドウ味めぐりコース」により楽しむことができます。

 
 ぶどうのシーズンには、『ぶどうの宝石箱』のような当園で、
 輝きを放つ、世界中のおいしいブドウをお楽しみください

 (ナビでお出での方は電話番号055-233-5495で設定
  してください

「 早川園」は山梨県に3軒あります。「世界のブドウ味めぐりコース」
 「ぶどうの早川園(山梨県甲府市)でお楽しみください。)


  旬の1枚 < ぶどうの花は 白い花  >  

    今の時期 ブドウの花が 花盛りです

    小さくて可憐な 白い花が咲いています

    でも このぶどうの白い花は やがて赤や黒や白の
   美味しいぶどう粒に 変わります
       
   
   「当園」にご来園予定等のお客様へのお願い(2024年暫定版)

                                  ご理解ご協力をお願いします 

 
  1) 原則として、1時間に8組の受付・受入れです。予約客様優先です。予約なしのお客様の来園は、場合
     によっては、ご来園時の時間帯での受入れをできない場合があります。ご理解・ご協力をお願いします。
    (完全予約制ですが、当日、時間帯に空きがある場合は、当日の予約・受入れができます
  2) 原則として、25名以上の団体客様は、来園をご遠慮ください。
  3) 旬のぶどう各種(6種類程度)を少量ずつ狩って食べていただくシステムです。食べ放題ではありません。
    一般的なぶどう狩りではありません。当園のシステムをご理解の上ご来園ください。
  (「ぶどう狩りご案内」に記載
  4) 電話メールで事前予約をお願いいたします(返事終了後に予約の確定をさせていただきます
    (メールでの予約は来園2日前までに、電話予約につきましても前日までにお願いします)
     @代表者名 A来園予定の日・時間 B人数 C連絡先電話番号 Dブドウ狩り・持帰りのみ の有無
     (キャンセル料はいただきません。キャンセルする場合にはご一報ください
     (予約のないお客様は、園内の混雑状況等により、入園をお断りすることがあります
  5) スタッフ一同、健康管理に気をつけ、原則としてマスク着用等で対応させていただきます。
  6) 園内各所に、消毒液を設置してあります。指先消毒等にご利用ください。
  7) 社会情勢等の変化等により(予約があっても)急に休園することがあります。(予約客様にはご連絡します)
   8) お土産(お持ち帰り)のぶどうを沢山(十房以上ご購入希望の方は、事前に、ご連絡をお願いします


     <  来園されるお客様へのお願い >
 
    1) 受付専用窓口(予約確認窓口)を設けました。
      〇味覚と嗅覚に違和感のある方や高熱の方は、来園をご遠慮ください
    2) マスク着用は個人の判断(自由)です(なるべく着用くださいスタッフは原則マスクを着用しています。
    3) 園内には、消毒液が設置してあります。(ご利用ください)
    4) ぶどう狩り後に、狩り取ったぶどうをセットしてお出しします。食べずに持帰ることもできます
    5) ぶどうの食べかすは、ご自分で、指定のゴミ入れにお入れください。
    6) お弁当の持込み、喫煙はご遠慮ください。ぶどうの持ち帰り用の容器や箱等の持参は可能です。
    7) 席、いす等は、ゆるやかに設置してあります。
    8) 原則としてコイントレーによる金銭授受をお願いします。
     9) お手洗いは仮設トイレ一基しかありません。なるべくトイレを済ませてお越しください

       皆様に安心して「ぶどう狩り」を楽しんでいただけるように対策を行いますが、少しでも不安を感じる
      ようでしたら、来園をお控えください。不安のなくなった時に、また、ぜひ、おいでください。

                                    ぶどうの早川園 
      
 
 
  全てに手作りを心がける小さなぶどう園です。そのため、お客様にはお待ちいただく場合も
  あります。あらかじめ、ご承知ください。


 当園は、めずらしくて美味しい「希少ぶどう」を、多品種 楽しめる、ぶどう狩りの専門園です。
 「特殊なぶどう狩りシステム」です。不明点は、スッタフにお問い合わせください。
   (料金は狩った「世界のぶどうの目方売り」、ぶどう狩り料金後払い制です)

 (平均的料金は1人当たり1000円程度(狩った量・種類により若干変動)、人数が多いと割安になります
 (多くのお客様のご要望があるシャインマスカットも、大粒のぶどうを用意しました

  めずらしい希少品種を多くのお客様に提供するため、当園では食べ放題コースはありません
  ので、あらかじめ、ご承知ください。

  世界のぶどう味めぐりコースをご所望の方は、8月、9月がお勧めです。 

  7月下旬から9月下旬まで、毎月それぞれ(季節ごとに異なる色々な種類)の
  世界各国のぶどう5〜7種類を、ご自分で狩って食して、比較して、お楽しみ
   いただけます

 希少ぶどうを多くのお客様に食べていただくため、希少ぶどうの取置き予約はしていません

  (ナビを利用しお越しの方は「055−233-5495」と電話番号を入力してください


  ご質問・ご相談・ご予約など、メールhayakawaenn@yahoo.co.jpや電話でお寄せください



                   《 農家の独り言(晴耕雨読の日々) 》  

    
     空の闇に光が加わり始める早朝に目を覚まし、耳をそばだてていると、どこからか鳥のさえずりが
    聞こえてくる。近所の神社、鎮守の森からだと思われる、一日の始まりを告げる鳥の鳴き声だ。
     都会ではこんな感覚は味わえないのか。いや、何処でも、早朝注意深く聴けば、耳に届く声なのか。

     人間、聴く気があるかないかで、聞こえてくる音は違うようだ。
     今どきの中央官庁の役人は、人員削減などもあり、仕事が大変で多忙なようだ。忙しければ夜遅く
    まで、カップラーメンでもすすりながら、仕事をしなければならないのではないか。
     そう思ったのは、3分間という時間設定だ。水俣病患者との懇談会での聞き取りは1団体3分だった。
    カップラーメンを食べる時は約3分待てばフタを開けるが。 水俣病患者の懇談会では3分で話にフタ
    をしてしまった。ラーメンの麺ではないので、話が少しぐらい伸びても許されると思うのだが!
     
     もう一つガッカリしたのは、環境相の対応だ。話を真摯に聴いていれば、マイクを切ったことは認識
    できたはずだし、大臣権限で患者団体の話をもっと聞くよう指示できたはずなのに。団体の声を無視
    して、役人のお膳立て通りに行動し、その場を去ってしまった。
     さらに最悪なのは、問題が表面化したとき、大臣は自分自身でなく「職員に謝りに行くように指示」
    しておきながら、問題が大きくなるとあわてて「大臣自ら患者団体の所に出向き泣きを入れた」こと。
     泣いて謝るなら、最初から、環環境庁のトップとして、毅然とした態度で対応すべきだった。
     泣きたいのは、本当は、患者団体の方だ。(そして、こんな「ていたらく」を見聞きした国民だ)

     裏金問題が大きな話題になったので、今国会で「政治資金規正法・改正案」が協議されるようだ。
    でも、与党の原案を見るとガッカリだ。
     ここでも、国民の声・意見を真摯に聴いてそれを反映させるつもりは、ないようだ。
     得意な「丁寧に説明する」前に、もっと巷の声を聴くべきでは!(もっとも「丁寧な説明」も怪しい)

     思わず「愚痴」をこぼしたが、これらを「他山の石」として、「ぶどうの早川園」では、お客様の声を
    「真摯に聴き」、「丁寧なブドウの説明」を常に心がけたい。


  住所:山梨県甲府市善光寺2-4-15
  TEL:055-233-5495
  FAX:055-222-6501
 
  E-mail:hayakawaenn@yahoo.co.jp


 家族連れや女性のお客さまには、「皮ごと食べられるシルクロード周辺のブドウ」や
 「クレオパトラのブドウ」の子孫が大好評。

   また、シャインマスカットを改良したブドウやりんご味のブドウ、なしの味やスイカ食感
 のブドウ、黒いシャインマスカット、旧約聖書に出てくるブドウの子孫など、毎年それらを
 求めて、来園する客さまも数多くお出でです。

   「ぶどうの早川園」で、世界の美味しいぶどうの、「多品種ブドウ狩り」を、お楽しみ
 ください。